【Youtube】エイプディスク化第5回 タイヤ交換編

エイプディスク化
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

サムネからしてエライことになっていますが、Type D のリアタイヤがめちゃくちゃ外しにくかったんです。おそらく6年落ち(交換した当時)のタイヤだと思うんですがここまで外れないとは予想外でした。事前にブログやYoutubeみてコツとか予習してたんですが歯が立たなかったですね。

手組みやったの初めてでしたが、道具やらなんやらそろえることを考えると店に頼んだ方がいいように思います。タイヤ交換なんて年に1回あるかないかぐらいですし。そのためにビード落としやタイヤレバー等々そろえるのは正直割にあわねーなー、と。

今回手組みでやったのは部品代に加えて工具やら純正部品やらで出費がかさんで、この上さらにタイヤ代や工賃まで出すのはちょっとためらわれるぐらい金使ってたんですよね。ドラムエイプのタイヤもまだ山残ってましたし、もったいないしものの試しでやってみようとしたのが事の発端です。

あと、エアーなしでビードが上がるかちょっと不安で、最悪爆発ビード上げも視野に入れて予習はしてましたが、自転車用の空気入れであっさり上がってくれました。コツとしては空気の圧力より量ということらしいので、ホムセンで注入量の多そうなダブルシリンダーの空気入れ買いました。

また、ベルトで締めることでタイヤとホイールの密着度が上がり、空気が逃げなくなってビードが上がりやすくなるともあったので、これまたホムセンのベルトで締めあげてみました。結果、このベルトで締めあげるのが効果あったようです。ベルトなしだとまったく上がらなかったです。ラチェット式の荷締めベルトでなく、フツーのバックル式?でもできました。

ただ、次は楽ができるだろうとしてももう手組みでやろうという気にはならないですね。機械使わないと作業量が多すぎて時間がかかりすぎです。車体からタイヤ外してもとに戻すまでを半日程度でできるようにならないと、自分で手組は難しいですね。

コメント